初期研修医・後期研修医のための求人・転職コンサルタント@レジデント・キャリア
トップページ>先輩研修医の声


先輩研修医の声

レジデント・キャリアで新しいキャリアをつかんだ先生方の声です。

弊社では研修医を含む、若手医師のキャリア相談、就・転職支援に力を入れており、
数多くのサービス提供実績がございます。

民間病院で多くの症例を経験したい!

私立大学医学部卒業 外科医 男性S先生(28歳)

登録時の職位 初期臨床研修2年目
転職前の職歴 民間病院勤務(埼玉県)
転職後の職歴 民間病院後期研修医/外科系(神奈川県)
収入 年収300万円→年収830万円
私立大学医学部卒業後は、民間病院で初期研修を経験されておられました。
民間病院としては大きい規模で、後期も同病院での研修を考えられていたようですが、同期がかなり多くなること。また指導医の先生が多忙でなかなか手術などの症例が積めないのではないかという不安があり、他にもっと環境の良い病院があれば、ということで当社にご登録いただきました。
初期研修中の実際の勤務は、それほど忙しくはなかったのですが、新しいことを吸収することに精一杯で、とても次の勤務先を積極的に探す時間はないとのことでした。
当社にご登録後はコンサルタントと二人三脚で情報交換を行い、当社から先生の希望にかなり近い医療機関様をご紹介することが出来ました。
勤務はとてもハードということですが、外科医として1人立ちするためにはとてもすばらしい環境のようで、今もご活躍されているようです
研修医でも比較的条件のよい病院で働きたい!

私立大学医学部卒業 精神科医 女性T先生(26歳)

登録時の職位 初期臨床研修2年目
転職前の職歴 私立大学医学部附属病院勤務(東京都)
転職後の職歴 民間病院勤務医 / 精神科(神奈川県)
収入 年収320万円→年収1000万円
初期研修医2年目となり、3年目以降の科目選択を考えた際、どのような科目が女性として長く勤務できるか、ということで悩んでおられましたが、大学の同僚にはなかなか相談できずにおられたようです。
また私立大学医学部進学のために親には大変迷惑をかけたという想いがあり、出来るだけ早いうちにご両親を支えていきたいという考えもあったとのことです。
そんな中、色々情報収集をされたところ、当社では初期研修の先生も積極的にキャリアの相談を行っていうることを知り、ご登録いただきました。
まずは先生と科目選択について何度かご相談を受けさせていただきました。
科目が決まった後は、先生の今後のキャリアに役立ち、しかも条件が良い勤務先ということで広く求人情報を集めました。
その結果後期研修のしっかりとしたプログラムはないものの、指導してくれる先生がおり、しかも3年目の先生としては非常に条件の良い病院をご紹介することができました。
通常の研修医募集のサイトには載っていない病院様なので、先生自身「こんな病院様があるのか!」とびっくりされたようですが、今は大変充実した勤務が出来ているとのことです。
専門医が取得できる施設で、きちんと資格を取りたい!

国公立大学医学部卒業 消化器内科医 男性N先生(29歳)

登録時の職位 後期研修3年目
転職前の職歴 国公立大学医局所属(首都圏)
転職後の職歴 民間病院勤務医 / 消化器内科(首都圏)
収入 年収500万円→年収950万円
初期研修を2年、後期研修を2年出身大学の医局で過ごされておられました。
後期研修は消化器内科のグループに属されていましたが、経験が十分ではないのに、県内で医師が不足している地域の病院に派遣され、なかなか自分の目指すキャリアが見出せないでおられるようでした。
医局員の不足の問題はあるにせよ、消化器内科医として症例数を増やし、専門医を取るということが目標だということを再確認し、当社のような人材紹介会社に相談することを決められたようです。
大変人柄のよい先生は、なかなか断れない性格のご様子でしたので、当社が退局の仕方などをアドバイスし、転職活動全般にわたってフォローをさせていただきました。
求人先については、先生の希望である、消化器内科の専門医取得の認定施設であり、指導医の先生がきちんと指導していただけるような医療機関をいくつかピックアップしました。
その中でいくつかの病院を見学し、最終的には300床の地域の中核病院に入職を決意され、現在勤務を続けておられます。
研究日にアルバイトをしてスキルアップをしたい!

私立大学医学部卒業 産婦人科医 女性Mさん(28歳)

登録時の職位 後期研修2年目
転職前の職歴 民間病院勤務医(埼玉県)
紹介先 民間の婦人科クリニックにて勤務医(東京都)
収入 1コマ4万円
M先生は初期研修を民間病院で行い、そのまま同じ病院で後期研修を受けられていました。専門は産婦人科だったのですが、他の科に比べて研修はゆとりのあるものであったようで、研究日にアルバイトをしたいということで登録がありました。
後期研修先の病院ではお産から手術まで忙しく働いており、空いている時間で婦人科の検診のアルバイトがあれば、新しいことも学べ、またバランスの良い医師になることが出来るのではないかと思われたようです。
ご登録頂いたのが後期研修2年目ということでスキルの面で先生の希望に合うアルバイト先があるかどうか分からなかったのですが、都心の婦人科のクリニックでは、患者さんが女性医師を希望されるところが多く、またその需要に対して供給が足りていなかかったため、複数の婦人科のクリニックが興味を示されました。
また先生の方でも自分が出来ること、出来ないことを先方に伝え、双方が納得の上でご入職をしていただくことになりました。